アーカイブ | advertisement RSS feed for this section

ステキ!ポルシェのダイレクトメール

7 11月

ダイレクトメールって正直うっとうしい。。。

ちょっと店頭でポイントカードを登録したり、ネットで商品を買うとすぐに来る。しかも毎月来る。解約するのも面倒くさい。。。と思っている人は多いのでは???

だけど!このダイレクトメールなら欲しい!!

それは、高級車ポルシェのダイレクトメール!

最初に結果を言うと、なんと受け取った人の32%がネットから試乗を予約したらしい。すごい。

一般的なダイレクトメールの返答率は数パーセント。

ポルシェの素敵DMはこんな流れです↓

■ポルシェのターゲットとなる裕福な家庭の私有車道に勝手にポルシェをセッティング!

まるでその家庭がポルシェを持っているかのように写真におさめます。

終われば別の家、別の家と次々撮影していきます。

214-588x328

■撮影した写真はその場でPCで加工され、ダイレクトメールとしてプリントアウト。

“It’s closer than you think”(あなたが思っているよりもずっと身近な存在ですよ)

と付け加えて各家庭に投げ込みます!

62-588x323

「私だけのためのダイレクトメール」の出来上がり!

これをもらって心動かないわけがない!ステキです。

***

例えば、私の写真を加工してめちゃめちゃスタイル良くファッションを着こなしていたり

いま住んでいる部屋にオシャレなインテリアを置いている写真が目で見えれば

かなり突き刺さると思います。そのスタイルや服、インテリアが欲しくなります。

きっとジムに通うし、服を買うし、インテリアを注文しちゃう!

「いつかこんな暮らしをしたい」「こんな自分になりたい」を視覚的に気づかせてくれる、そんなダイレクトメールでした♪

フリーペーパーの広告料

17 10月

みなさま、フリーペーパーやフリーマガジンは読んでますか?
駅やコンビニに設置しており、無料で読める媒体です。

今日はフリーマガジンの広告出稿料を比較してみます!

ちなみに、これから出てくる「表2」とは、表表紙の裏のことです。
複雑ですね(笑)
表紙めくって次のページです。
ほぼ100%目に入るのでお高いです。
20131017-200300.jpg

各媒体の「表2」の広告出稿料をみていきましょう。

◼メトロポリターナ

20131017-200022.jpg
都心で働く女性をメインターゲットに、東京メトロ主要駅構内のラックで配布しているフリーマガジン。
洗練された情報と紙面構成を支持する読者は多く、堅実だけど消費意識旺盛で、生活感度の高い女性たちにダイレクトに届く。
月1回、20万部発行。
表2、カラー4色1ページで、300万。

◼ポコチェ

20131017-200437.jpg

価値ある良質な情報を求める世代に向けて、「美・食・遊・学」を厳選。トレンド情報、ビューティ、コスメ、グルメ、イベント、カルチャー、エンターティメント、、、自分らしさをクリエイトする総合情報誌。
月1回、12万部発行。
表2、カラー4色1ページで、80万。

◼ラーラぱど

20131017-200631.jpg

東京・大阪・広島それぞれに根ざした情報を発信。
月1回、東京エリア24万部発行。
表2、カラー4色1ページで、120万。

◼シティリビング

20131017-200722.jpg
F1層の中でも可処分所得の高いOLに届けるメディア。読者のほとんどは「正社員・事務職」で時間にも余裕のある消費者であり、オフィス内で読まれるので回覧性が高く、レスポンス率も高い。週刊発行なのでタイムリーな情報伝達が可能。
毎週金曜日発行、全国65万部発行。
カラー4色1ページで、870万。
東京エリア18万部だと、250万

***
いくつ読んだことありますか?
メトロポリターナ、ポコチェ、ラーラぱどは製本されており、シティリビングは新聞みたいな感じです。

私的に読み応えあるのはシティリビングですね。
OLにとって生きた情報が得られます。
コンテンツもおもしろいし、イラストも可愛い。

ポコチェは表紙にタレントをつかったりして、お金かけてますねー。

これが中面や、小さい枠になるとお値段もう少し下がりますが、それでもだいたい50万以上します。

ただ、こういうフリーペーパー、フリーマガジンは廃刊のサイクルが早い。。。

どれだけ魅力的なコンテンツを用意できるか。

アンテナ感度良くしておかないとですねーーー

「PR記事」に踊らされている?!

12 6月

6月3日のスポニチアネックスの社会面の記事。

 

(以下、引用)

『1位はアップル、2位にナイキ、6月5日は「ロゴの日」』

 

6月5日の「ロゴの日」にちなみ、ロゴマークに特化したデザイン業務を請け負う「ビズアップ」(本社・東京都世田谷区)がアンケート調査を実施、「ロゴをきっかけに心理や行動の変化があった」と答えた割合が、4割を超えたことが分かった。

全国の20歳以上の有職者の男女300人のインターネット調査によると、心理や行動に変化があったと答えた人のうち、57・8%が「興味を持つようになった」と回答。「お店に行った」(34・4%)「自分用に購入した」(25・0%)と、具体的な行動をした人も少なくなかった。

また、アンケートでロゴデザインが好きな会社を尋ねたところ、1位はアップル、2位はナイキ、3位にコカ・コーラ、以下ソニー、ユニクロ、トヨタ自動車などで、印象的で、広く知られたロゴに親しみを感じていることがうかがえた。

同社では「ロゴは会社の第一印象、シンボル。ロゴに自信が持てないのならリニューアルを検討してみては」と分析している。

***

さて、問題です。

この記事の出稿主はどこだと思いますか?

①アップル

②ナイキ

③その他

 

 

・・・

 

 

私は、①アップル、だと思いました。

が!違うんです。

正解は③。それがどこかというと、「ロゴをつくるデザイン会社」です。

分かりました??

20130612-205410.jpg

画面の左下に出て来る、「ビズアップ」。

この会社は、ロゴマーク専門のデザイン会社です。

クリックすると、ビズアップのHPにとびます。

20130612-205346.jpg

 

 

 

これは「PR記事」という種類のもので

「企業が出している広告記事じゃないから、押しつけっぽくないし、本当の情報っぽいよねー」ってやつです。

で、その記事の関連ニュースなどの欄に、出稿主があらわれる仕組みです。

 

ロゴ制作会社が「ロゴの日だから、ロゴ見直しましょうよ!?」って言うより、

アンケートやデータを用いて、「ロゴ1位はアップル、ロゴって大切!ロゴ見直してみては?!」と第三者から言われた方が「ん、ロゴ見直してみるか」になりそうですよね!?

 

キャッチーなタイトルや、おもしろいデータを使ってその記事に引き寄せ、

直接その企業や商品の宣伝はせず、連想させるようなネタを書く。

 

例えば、

「健康美人でスタイルの良い女性芸能人ランキング」を用いる→実はサプリメント会社が出稿主。

「シャンプーして欲しい女性芸能人ランキング」を用いる→実は育毛シャンプー商品の会社が出稿主。

とか。

 

 

おどらされてますね〜笑

「この記事は、どこの会社が出しているんだ?」と一度、じっくり見てみてください。

吸引力を訴求したスゴイ広告

28 5月

私は本業の方で家電メーカーのプロモーション企画•制作をしています。

掃除機の新商品のプロモーションを考えている時に発見した広告が秀逸だったのでご紹介。

ドイツの家電メーカー、Mieleが展開する掃除機の屋外広告。
吸引力がすごい!ということを、どストレートにあらわしてます。

まずは、普通のを。

20130528-123328.jpg
高速道路のトンネルですね。

そして!
こちらが加工された広告!

20130528-123450.jpg

分かります?

つまり、車が走ってくると…

20130528-123534.jpg
こうなっちゃうわけです!!!

トラックさえも吸い込んじゃう!
すごい吸引力!

いやー、秀逸。おもしろい。

日本でもこんなおもしろい広告やって欲しいなぁ。